2020-09

日刊スポーツ

浦和連続0点、ホーム連敗に西川「もどかしさある」

浦和レッズは2戦連続の完封負けでホーム連敗となった。 シュート数、ボール支配率で上回りながらも、ゴールを手堅く守るFC東京からゴールを奪うことはできなかった。逆に前半37分、自陣でボールを奪われて決勝点となる先制ゴールを許した展開だった… ...
日刊スポーツ

阪神打てず守れず12球団最多今季10度目完封負け

甲子園にヤジが飛んだ。「いつまでたっても終わらんぞ!」。3点ビハインドの5回だ。阪神先発青柳がサンドバッグ状態になった。先頭の京田に左中間への三塁打を浴び、続くアルモンテの左犠飛で1点を献上。2死から高橋に四球を与えると、まさかの4連打… ...
日刊スポーツ

楽天松井裕樹がリリーフ復帰「さまざまな理由」監督

今季先発転向した楽天松井裕樹投手がリリーバーに復帰することが決まった。 この日は登板機会がなかったが、ブルペン待機し、今季の残り試合はリリーフの役割を担う。 三木監督は「さまざまな理由がある。本人ともしっかりと話し合いをして判断、決断を… ...
日刊スポーツ

ロッテ小島が6回無失点で「陰の防御率3位」に

水曜日の男、ロッテ小島和哉投手(24)が6勝目を挙げた。「四球が多かったですが、とりあえず先発としての役目は果たすことができたと思います」とホッとした表情を見せた。 自分のことは、自分が一番良く分かる。「本当に顕著に、2回までに点を取ら… ...
Googleニュース

首相の訪韓、日本企業の資産現金化しない確約必要 外務省幹部示す – 毎日新聞 – 毎日新聞

首相の訪韓、日本企業の資産現金化しない確約必要 外務省幹部示す - 毎日新聞毎日新聞 Source: Googleニュース 首相の訪韓、日本企業の資産現金化しない確約必要 外務省幹部示す - 毎日新聞 - 毎日新聞
日刊スポーツ

巨人宮本コーチ「士気が下がるよね」田中豊樹に苦言

巨人の宮本和知投手チーフコーチが先発田口が先制を与えた場面を悔やんだ。 5回1死一、三塁、田口が田中広を投ゴロに打ち取り併殺を狙ったが、自身の送球がそれ1死しか奪えず。三塁走者の生還を許した。宮本コーチは「彼はゲッツー取れると思ったんだ… ...
日刊スポーツ

日本ハム栗山監督、沢村に重圧かけるも届かず3連敗

日本ハムはロッテに2試合連続の1点差負けを喫し、今季4度目の3連敗となった。 2点を追う8回に1点を返すのが精いっぱいで、2カード連続の負け越し。首位ソフトバンクが敗れたため、自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性は残したが… ...
日刊スポーツ

広島らしい戦いぶりで1勝 自信持って/緒方孝市

広島が30日、巨人戦の連敗を4で止めた。先発野村祐輔投手(31)が5回無失点の粘りの投球を見せると、5回裏に打線が応えた。鈴木誠也外野手(26)の19号2ランなどで3点を奪った。前日のリベンジを果たした広島の戦いに日刊スポーツ評論家の緒… ...
日刊スポーツ

鳥栖が今季初連勝逃す、課題守備で助っ人に屈する

サガン鳥栖は、痛恨の引き分けで横浜F・マリノスにリベンジを果たせなかった。 前回9月19日の対戦で、外国人パワーに屈指3失点完敗を喫した。その教訓を生かし、GK高丘陽平(24)は「前回開始早々に失点した反省があった。守備を意識して入って… ...
日刊スポーツ

楽天涌井3球団で2ケタ勝利、同い年ダル活躍も刺激

楽天涌井秀章投手(34)が2リーグ制後初の、同一リーグ3球団2桁勝利を達成した。ソフトバンク戦に先発し、8回2失点と好投。西武時代、ロッテ時代に次いで4年ぶり8度目の2ケタ10勝目をマーク。3度目のパ・リーグ2ケタ勝利一番乗りで、現役2… ...
Googleニュース

給食牛乳にネズミの死骸 予備の瓶に混入か – 産経ニュース

給食牛乳にネズミの死骸 予備の瓶に混入か産経ニュース給食の牛乳にネズミの死骸?生徒が発見 山形の中学校auone.jp給食の牛乳に異物 ネズミの死骸か 保健所が調査 山形 鶴岡NHK NEWS WEBGoogle ニュースですべての記事を見...
Googleニュース

磯船に穴あき横波受け"転覆"か…行方不明になった25歳男性 現場から約2キロ離れた海岸で遺体で発見(北海道ニュースUHB) – Yahoo!ニュース

磯船に穴あき横波受け"転覆"か…行方不明になった25歳男性 現場から約2キロ離れた海岸で遺体で発見(北海道ニュースUHB)Yahoo!ニュース「4人乗り船が転覆した」 1人が岸までたどり着き通報 男性1人死亡沖縄タイムスGoogle ニュー...
日刊スポーツ

阪神の大野雄大アレルギー再発「3番問題」どうする

虎の大野雄アレルギーが再発した。散発2安打で二塁すら踏めず、今季3度目の対戦で初黒星を喫した。緩急自在の投球に翻弄(ほんろう)され、矢野監督は「横から見ているよりも簡単じゃないんだろうなとは思って見ているけれど、それにしてもね」と悔しさ… ...
日刊スポーツ

沢村がロッテ初失点 移籍9戦目渡辺に適時打を許す

ロッテ沢村拓一投手が巨人から移籍後、9試合目で初失点を許した。2点リードの8回に登板。連続三振を奪うも2死一、二塁のピンチを招き、日本ハム渡辺に適時打を打たれた。 この日の直球は最速157キロ、スプリットは同153キロ。直近10試合のう… ...
日刊スポーツ

ロッテついに首位と0差、和田3秒でスクイズ生還

逆転優勝がかかる10月へ、アクセルを踏んだ。ロッテが3連勝で、ついに首位ソフトバンクとのゲーム差を「0」にした。 1-0の緊迫を打破したのは、今季19盗塁、スピードスターの和田康士朗外野手(21)だ。7回無死、代走で二塁走者になると、1… ...
日刊スポーツ

町田が追い付きドロー「選手が躍動してくれた」監督

町田ゼルビアは、首位争いをするギラヴァンツ北九州に先制を許しながらも、同点に追い付き引き分けとした。2連敗中だった北九州は、アウェーで貴重な勝ち点1を手にした。 前半4分、北九州はMF高橋大のスルーパスに抜け出したMF椿が、相手GKの股… ...
タイトルとURLをコピーしました