日刊スポーツ

日刊スポーツ

テーラーメイド「SIM2 MAX OS」アイアン

どーもです。連日紹介してきたテーラーメイド「SIM2」シリーズです、いよいよ今日紹介する「SIM2 MAX OS」アイアンがラストになります。前作「SIM」シリーズでも「SIM MAX」「SIM MAX OS」の2モデルをラインアップし… ...
日刊スポーツ

日本トップは変わらず畑岡奈紗 注目の2番手争いは古江と渋野に稲見が接近

女子ゴルフの10日付最新世界ランキングが発表され、各国上位2人に出場権が与えられる、東京五輪代表争いが大混戦の展開に突入した。日本女子トップは変わらず畑岡奈紗で、前週から1ランク上がって10位となった。畑岡の五輪代表入りが確実視される中… ...
日刊スポーツ

感染経験の錦織「死人が出てまでも行われることではない」東京五輪へ胸の内

16年リオデジャネイロ五輪シングルス銅メダルの錦織圭(31=日清食品)が、イタリア国際1回戦に勝った後の会見で、東京五輪開催について言及した。苦しい胸の内を明かしながらも、「死人が出てまでも行われることではない」と、開催に疑問符を付けた… ...
日刊スポーツ

5月22、23日のボクシング3興行が一気に中止発表 会場が休館

プロボクシングイベント「DANGAN」は10日、今月22、23日に東京・墨田区総合体育館で開催予定だった3大会を中止すると発表した。 政府による緊急事態宣言の発出で、会場となる墨田区総合体育館が休館となったことを受け、中止せざるを得ない… ...
日刊スポーツ

首都大学野球、15日以降のリーグ戦と入れ替え戦を有観客で開催へ 

首都大学野球連盟は10日、15日以降の春季リーグ戦、および入れ替え戦(等々力球場、バッティングパレス相石スタジアムひらつか、サーティーフォー相模原球場)を有観客で実施すると発表した。 緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことに伴い、イ… ...
日刊スポーツ

立正大・田中裕人9試合目登板で今季1勝 入れ替え戦向け「頑張りたい」

立正大のエース田中裕人投手(4年=取手一)が今季、9試合目の登板にして初勝利を挙げた。 バックを信じて打たせて取った。冷静に低めに投げ6回を投げ5安打1失点。「今日は野手に助けてもらった」と安心した表情を見せた。 立正大は前週、国学院大… ...
日刊スポーツ

吉田唄菜と浦野誓二がカップル結成「うたな」と「せいじ」で「うたじ」

新カップル「うたじ」の誕生だ。 フィギュアスケートのアイスダンスで全日本ジュニア選手権2連覇の経験を持つ吉田唄菜(17)が10日、米国の試合に出場してきた浦野誓二(19)とのカップル結成を報告した。 自身のツイッターを更新し、2人の写真… ...
日刊スポーツ

錦織圭が東京五輪開催に疑問符「死人が出てまでも行われることではない」

男子テニスで、16年リオデジャネイロ五輪シングルス銅メダルの錦織圭(31=日清食品)が10日、出場しているイタリア国際1回戦に勝った後の会見で、東京五輪開催について「(新型コロナで)死者がこれだけ出ているということを考えれば、死人が出て… ...
日刊スポーツ

村井チェアマン「お客様と共に価値作りたい」有観客試合を望む

Jリーグは10日、日本野球機構(NPB)との新型コロナ対策連絡会議を行った。東京オリンピック(五輪)の開催可否を問う質問が飛んだが、専門家チームの愛知医科大・三鴨教授は「最終的には政治判断なので明言は避けたいが、プレ大会ではNPBやJリ… ...
日刊スポーツ

下関ボート 西山貴浩が再三の本体整備で優勝「若手が感じ取ってくれれば」

西山貴浩(33=福岡)がイン速攻で制した。 12R優勝戦はインからコンマ06の好スタート。4カド後藤翔之の攻めを受け止めて先マイした。 ジレンマに打ち勝った。1番人気で優勝しなければならない! と思う一方で、地元若松で開催されるSGオー… ...
日刊スポーツ

B1新潟最終戦は黒星、苦闘シーズン17位終了に五十嵐「申し訳ないです」

B1新潟アルビレックスBBは最終戦を落としてシーズンを終えた。前日10日の勝利(100○95)に続く白星は挙げられなかった。 チーム創立20周年の今季の成績は16勝38敗で東地区9位、リーグ全体順位は17位。勝率2割9分6厘はBリーグ参… ...
日刊スポーツ

帝京大、香川監督の「暴力指導存在しない」植草歩負傷の調査結果公表

空手の東京オリンピック(五輪)女子組手代表の植草歩(28=JAL)が竹刀を用いた練習で目を負傷した件を受け、練習拠点となっていた帝京大は10日、内部調査委員会の調査報告書を公表した。 植草本人や、当時全日本空手道連盟の選手強化委員長だっ… ...
日刊スポーツ

吉川貴仁が3カドまくり!大会2度目の優勝/宮島ボート

12R優勝戦は吉川貴仁(27=三重)が3カドに引き、コンマ02の仕掛け。タッチスタートだったイン上田龍星をまくり、19年6月びわこ大会以来、通算2度目の優勝を飾った。 「伸び型に調整して勝負をかけた。スリットが入っていて良かった」。吉川… ...
日刊スポーツ

団体争いはレディースが逆転勝ち、通算4度目優勝/宮島ボート

レディース(紅組)が、運にも恵まれて勝利を収めた。 団体戦はルーキーズ(白組)がリードする展開で進んだが、レディースは4ポイントの10Rで寺田千恵、海野ゆかりがワンツー。勝負がかかった12R優勝戦で片岡大地がフライングを切り、レディース… ...
日刊スポーツ

アイホ「レッドイーグルス北海道」新体制発表、赤基調新ユニホームも披露

アイスホッケー王子イーグルスから来季、クラブチームとしてスタートする「レッドイーグルス北海道」が10日、新体制を発表した。監督、コーチは王子イーグルスの菅原宣宏監督(46)、荻野順二コーチ(42)、小川勝也コーチ(35)が務める。 菅原… ...
日刊スポーツ

女王セリーナ「それが答え」長女の五輪同行不可なら不参加

女子テニスで、4大大会23度の優勝を誇り、12年ロンドン五輪単複金メダルのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が、東京五輪テニス競技出場に慎重な姿勢を見せた。 ローマで開催されているイタリア国際で10日、会見を行い、「参加には、多くのことを考… ...
タイトルとURLをコピーしました