日刊スポーツ

日刊スポーツ

今平は最後まで立ち直せず82 通算25オーバー

日本ツアー賞金王の今平周吾(27)は、2バーディー、6ボギー、4ダブルボギーの82と崩れ、通算25オーバー、305でホールアウトした。 1番パー4でダブルボギー発進すると、2、3番でもボギーをたたくなど前半だけでスコアを6つ落とした。後… ...
日刊スポーツ

渋野は最終日2番バーディー 同組は全英覇者ポポフ

21位の4アンダーから出た渋野日向子(21=サントリー)は、スタートの1番パー4で、パー発進した。 第1打をフェアウエー右に置き、第2打をピン手前約7メートル。バーディーパットは2メートルオーバーしたが、これをきっちり決めてパー。2番パ… ...
日刊スポーツ

ロッテ沢村、シーズン途中加入でセーブは球団3人目

冷や汗の移籍後初セーブだ。ロッテ沢村拓一投手(32)が日本ハム戦の延長10回に3番手で登板し、巨人からトレードで加入後、初の火消しを全うした。 ▼沢村が巨人時代の19年5月17日中日戦以来となるセーブをマークした。シーズン途中に加入した… ...
日刊スポーツ

箱根駅伝など無観客開催「自律ある行動」学連が促す

関東学生陸上競技連盟は20日、本年度の主催大会について、無観客開催と応援自粛の要請を発表した。主催大会には来年1月2日、3日の第97回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)も含まれる。チケット制ではないロードレースは、沿道の観戦に関する規制… ...
日刊スポーツ

出場校の応援、家族も応援自粛/関東学連の発表文書

関東学生陸上連盟は20日、本年度の主催大会について、無観客開催と応援自粛の要請を発表した。主催大会には来年1月2日、3日の東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)も含まれる。チケット制ではないロードレースは、沿道の観戦に関する規制が難しいが、… ...
日刊スポーツ

箱根駅伝は無観客で実施発表、ファンに協力要請

関東学生陸上連盟は20日、箱根駅伝を含めた本年度の主催大会をすべて無観客で実施すると発表した。 有吉正博会長の名義で応援自粛に関する要請を出し「公道を使用して実施させていただく駅伝競走においては、競技場での開催とは異なり決められた出入口… ...
日刊スポーツ

内藤哲也が棚橋下し勝ち点2獲得「全勝優勝する」

IWGPヘビー級、同インターコンチネンタル王者の内藤哲也(38)は棚橋弘至(43)に勝利し、勝ち点2を獲得した。 棚橋のドラゴンスクリュー、テキサス式四つ葉固めなどのしつこい膝攻めに苦しんだが、コリエンド式デスティーノで逆転。最後はグロ… ...
日刊スポーツ

KENTA「浮ついてない」約半年ぶりの日本で勝利

8月に開催された「ニュージャパンカップ2020 in the USA」を制したKENTA(39)は、後藤洋央紀(41)と対戦した。 序盤から後藤の右肩、肘に狙いを定めると、強烈な蹴りで攻め立て、場外で鉄柵に激突させるなど、後藤の動きを封… ...
日刊スポーツ

高津監督、神宮勝利「気にしていた」西田は応援感謝

ヤクルトは、入場者数の規制が緩和された本拠地神宮で、歓喜の初勝利を挙げた。プロ野球史上25年ぶり5度目、球団では初となる先頭打者弾からの3者連続本塁打を放つなど、2カ月ぶりとなる2カード連続の勝ち越しを決めた。高津臣吾監督は「去年からず… ...
日刊スポーツ

記録的先頭弾のヤクルト浜田、明豊出身2年目/略歴

ヤクルト打線が、プロ野球史上25年ぶり5度目、球団では初となる先頭打者弾からの3者連続本塁打を放った。2カ月ぶりとなる2カード連続での勝ち越し。5試合連続で1番の浜田太貴外野手が、追い込まれてから広島先発中村祐のスライダーを左中間へ運び… ...
日刊スポーツ

昨季女王シェルバコワが完全V 国内ロシア杯第1戦

ロシア国内競技会の第1戦が行われ、昨季のロシア選手権女王アンナ・シェルバコワ(17)がフリー1位の164・27点をマークした。 前日19日に首位発進したショートプログラム(SP)82・13点との総合246・40点の高得点で完全優勝した。… ...
日刊スポーツ

広島中村祐太が緊張から3失点「しょうがない」監督

今季初登板初先発の広島中村祐太投手(25)が5回途中3失点で敗れた。1回に先頭から3者連続本塁打を浴びた。その後は無失点に抑えるも、左脚がつるアクシデントで降板となった。 504日ぶりの1軍先発に思わず力が入った。1回、先頭浜田を追い込… ...
日刊スポーツ

「二刀流」越川優、東京五輪代表目指しビーチ継続へ

ビーチバレーボール男子で08年北京オリンピック(五輪)バレーボール日本代表の越川優(36=横浜メディカルグループ)が20日、千葉市内で行われた千葉市長杯に出場。 黒川魁(25=NTTコムウェア)とペアを組んで予選2試合を1勝1敗で終え、… ...
日刊スポーツ

高津監督「景気の良い」岩村超え浜田3連発呼び込む

燕党1万3467人と、神宮花火大会開催! ヤクルト打線が、プロ野球史上25年ぶり5度目、球団では初となる先頭打者弾からの3者連続本塁打を放った。2カ月ぶりとなる2カード連続での勝ち越し。高津監督は「予想外の点の取り方ではあったけど、景気… ...
日刊スポーツ

庄司、倉坂組がV、ビーチバレー千葉市長杯男子の部

ビーチバレーの千葉市長杯男子の部が20日千葉・稲毛海浜公園特設コートで開かれ、庄司憲右(30=愛媛県競技力向上対策本部・荒井商事)、倉坂正人(30=三菱オートリース)が優勝した。決勝戦で過去に5回戦って1度も勝ったことがなかったという石… ...
日刊スポーツ

坂東悠汰が日本人最高4位 自己記録で上々滑り出し

坂東悠汰(23=富士通)が自己最高の13分22秒60をマークし、日本人最高の4位となった。3位との差はわずか0秒18差。左足を骨折した影響などで実戦から遠ざかっていたが、待望の今季初戦で上々の滑り出しを見せた。 法大から富士通入りして2… ...
タイトルとURLをコピーしました