nikkansports com

日刊スポーツ

イチロー氏がオリックスV祝福「当然次は日本一、期待しています」

オリックスが1996年(平8)以来、25年ぶりにパ・リーグ優勝を決めた。    ◇   ◇   ◇ オリックス・バファローズの皆様、リーグ優勝おめでとうございます。95年の阪神淡路大震災を経験し、「がんばろうKOBE」のもと、ファンの皆… ...
日刊スポーツ

ブリヂストンゴルフ「B2」FW

どーもです。ブリヂストンゴルフのニューモデル「B」シリーズですが、今日紹介するのは「B2」FWです。「ツアーB JGR」の流れをくむモデルですが、ドライバーではドーンと大きな弾道が印象でした。そのグッドイメージのままFWを打ってみると…… ...
日刊スポーツ

オリックス山本由伸、ロッテの結果待つ心境「気楽にというか、ゆっくり」

オリックスが27日、96年以来、25年ぶりの優勝を決めた。山本由伸投手(23)の一問一答は以下の通り。     ◇    ◇    ◇ -待っている間の心境 ロッテが先制して追いつきましたけど、1-1でずっといっていた。今日は引き分ける… ...
日刊スポーツ

オリックス能見篤史、古巣との日本シリーズ「そうなればすごく盛り上がる」

オリックスが27日、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。能見篤史投手兼任コーチ(42)は京セラドーム大阪内で優勝取材に答えた。一問一答は以下の通り。    ◇   ◇   ◇ -今の気持ち 選手だけでなく、コーチの立場もありますんで、選手の… ...
日刊スポーツ

オリックス吉田正尚「自分のやれること精一杯、戦える準備をして臨めれば」

オリックスが27日、96年以来、25年ぶりの優勝を決めた。優勝会見に臨んだ吉田正尚外野手(28)のおもな一問一答は以下の通り。 -いまの気持ちは うれしいです。グラウンドでみんなで胴上げして、うれしい気持ちになりました。 -選手会長とし… ...
日刊スポーツ

オリックスV 4年ぶり復帰の平野佳寿「帰ってきて本当良かった」

オリックスが27日、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。今季、4年ぶりに復帰して29セーブをマークした平野佳寿投手(37)が、京セラドーム大阪内で取材に答えた。一問一答は以下の通り。    ◇   ◇   ◇ -心境は ドキドキしながら待っ… ...
日刊スポーツ

オリックス・ジョーンズも宙に舞う「ジェットコースターに乗っている感覚」

オリックスが27日、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。アダム・ジョーンズ外野手(36)が京セラドーム大阪内で取材に答えた。一問一答は以下の通り。 -今の気持ちは 優勝して最高の気分です。キャンプから始まってシーズンがあってオリンピックブレ… ...
日刊スポーツ

オリックスV祝勝会「バファローズの新しい元年」宮内オーナーあいさつ

オリックスのリーグ優勝祝勝会が京セラドーム大阪の外野グラウンドで行われ、宮内義彦オーナー(86)が最初にあいさつに立った。 「本当に優勝おめでとうございます。こんなにうれしいことはありません。こんなうれしい夜をすごすのは25年ぶりでござ… ...
日刊スポーツ

「冥土の土産に」厳しいながらも愛情注いできたオリックス宮内オーナー悲願

一塁側ベンチから力強い足取りで、宮内義彦オーナー(86)がマウンドで待つナインのもとに歩み寄った。中嶋監督をねぎらい、ナインと言葉をかわし、胴上げで宙を待った。「25年前もあの笑顔を見たな。変わらない笑顔を見られたなと思いました」と中嶋… ...
日刊スポーツ

84年以来の11連勝、吉田正が負傷で抹消/21年オリックスの歩み

オリックスが1996年(平8)以来、25年ぶりにパ・リーグの頂点に立った。25日にエース山本が楽天を完封してシーズン最終戦を終え、27日はライバルの2位ロッテの楽天との試合結果を京セラドーム大阪で待った。もう1敗もできない状況にいたロッ… ...
日刊スポーツ

低迷期支えたオリックスT岡田「今思えば悔しい経験が原動力になった」

オリックスが1996年(平8)以来、25年ぶりにパ・リーグの頂点に立った。25日にエース山本が楽天を完封してシーズン最終戦を終え、27日はライバルの2位ロッテの楽天との試合結果を京セラドーム大阪で待った。もう1敗もできない状況にいたロッ… ...
日刊スポーツ

楽天石井監督「監督ってしんどい」吐露も「前進させないと」指揮1年目総括

楽天石井一久GM兼監督(48)が指揮1年目のリーグ戦を総括した。 リーグ最終戦に勝利。66勝62敗15分けの貯金4の3位で終え「2年ぶりにクライマックスシリーズへ進出できましたけれど、キャンプでみんなで話し合って、今年も大きな目標に向か… ...
日刊スポーツ

楽天リーグ最終戦白星締め「CS1戦目にターゲットを持っていく」石井監督

楽天が下克上へ弾みをつけた。 同点の8回に代打小深田が決勝打。11月6日からのCSファーストステージで対戦するロッテを下し、リーグ最終戦を白星で締めた。石井GM兼監督は指揮1年目のリーグ戦を66勝62敗15分けで終了。「シーズンと同様の… ...
日刊スポーツ

磐田4強ならず「急造チームみたいで難しさはあった」MF今野

ジュビロ磐田は0-2で大分トリニータに敗れ、04年度以来17年ぶりの4強入りを逃した。体調不良の鈴木監督に代わって、急きょ服部ヘッドコーチが指揮を執った一戦は、後半に試合が動いた。同20分にCKから失点すると、ロスタイムに追加点を許した… ...
日刊スポーツ

大分長沢1ゴール1アシストで初の4強進出に貢献「流れを天皇杯へ」

大分トリニータが初の4強入りを決めた。長身FW長沢が1ゴール1アシストで勝利に貢献。後半20分、CKを頭で合わせて先制点を奪い、同ロスタイムに絶妙スルーパスでダメ押し点を演出。 一方、J1リーグ戦は降格圏18位と苦しむが長沢は「全員で残… ...
日刊スポーツ

ロッテ小島「先発としての仕事は最低限できた」6回5安打1失点

ロッテ小島和哉投手は6回5安打1失点と試合をつくった。1点リードの5回に2死から同点とされたが、6回2死満塁のピンチをしのいで中継ぎ陣につないだ。 「勝ち越した状態でリリーフに回したかったですが、この試合に関しての先発としての仕事は最低… ...
日刊スポーツ

オリックス宮城「由伸さんから、いろんな賞を盗み取っていけたら」優勝会見

オリックスが27日、96年以来、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。中嶋聡監督(52)に続いて、主力メンバーも京セラドーム大阪内で優勝会見に臨んだ。 球団新の15連勝でシーズン18勝目をマークしたエース山本由伸投手(23)は「いろんな方のサ… ...
日刊スポーツ

日本ハム川村社長が中田翔の暴力問題を謝罪 新監督は「近々発表したい」

日本ハム稲葉篤紀GM就任会見の冒頭、川村浩二球団社長が「8月の一連の事案でご心配、ご不快な思いをさせましたことを、この場を借りておわび申し上げます」と、沈痛な面持ちで、中田(現巨人)によるチームメートへの暴力問題について謝罪した。 また… ...
日刊スポーツ

オリックス中嶋監督「西浦自身が元気に迎えてくれた」優勝会見・一問一答

オリックスが27日、96年以来、25年ぶりの優勝を決めた。中嶋聡監督(52)は京セラドーム大阪内で優勝会見に臨んだ。一問一答は以下の通り。 -いまの心境 「本当にうれしいです、はい」 -3回、宙に舞ったが 「引退のとき以来ですかね。非常… ...
日刊スポーツ

オリックス優勝会見「チームが勝つのがいいリハビリ」吉田正尚CSへ前向く

オリックスが27日、96年以来、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。中嶋聡監督(52)に続いて、主力メンバーも京セラドーム大阪内で優勝会見に臨んだ。 低迷期からチームを支え、今季17本塁打のT-岡田外野手(33)は「33年生きてきたなかでう… ...
日刊スポーツ

ロッテ井口監督「しっかりと尻たたいてやっていけたら」常勝軍団への道筋

ロッテの51年ぶりリーグ優勝はならなかった。楽天に敗れ、141試合目にシーズン2位が確定した。 井口資仁監督(46)は「結果として2位でしたけど、選手たちみんな、この1カ月くらいすごいプレッシャーの中で頑張ってくれたと思います」と粘りの… ...
日刊スポーツ

【写真特集】オリックス25年ぶりV 1年間の戦いを振り返る/軌跡

オリックスの25年ぶり13度目となるリーグ優勝が27日、決まった。 2位ロッテが楽天に敗れたのを見届けると、京セラドーム大阪内で見守っていたナインは歓喜。中嶋聡監督(52)は3度、胴上げで宙に舞った。宮内義彦オーナー(86)と吉田正尚選… ...
タイトルとURLをコピーしました