nikkansports com

日刊スポーツ

米国が白星発進 オースティンら日本ゆかりの選手活躍が光る

21年ぶりの金メダルを目指す米国は、日本ゆかりの選手たちの活躍が光り、快勝スタートを切った。 11安打8得点の打線は3番DHでスタメン出場したDeNA所属のタイラー・オースティン外野手(29)が普段の本拠地・横浜スタジアムで大暴れ。3回… ...
日刊スポーツ

札幌チャンス決めきれず零敗 G大阪の勢いと試合勘に押され9位浮上ならず

コンサドーレ札幌はG大阪に0-2で敗れた。約3週間ぶりのリーグ戦で、勝てば9位に浮上できたが逃した。前半29分に先制を許し、後半8分に追加点を奪われた。1週間のオフ、2週間の練習期間があっただけに、ペトロビッチ監督は前日29日に「選手た… ...
日刊スポーツ

岩渕真奈「内容どうこうより結果が全ての世界なので」なでしこ敗退に涙

なでしこジャパンのエースFW岩渕真奈(28=アーセナル)が準々決勝敗退に涙した。試合後インタビューに登場し「内容どうこうより結果が全ての世界なので。非常に残念ですがやれることはやった」と、涙を流しながら振り返った。 自身はこの日無得点だ… ...
日刊スポーツ

敗退のなでしこ高倉監督「及びませんでした」スウェーデン3失点敗退

サッカー女子日本(FIFAランク10位)は同スウェーデン代表(同5位)に1-3で屈し、敗退した。 立ち上がりから相手に攻勢めたてられ、前半7分に相手CKの流れから失点。同23分に田中のゴールでいったんは追いついたが、後半8分には勝ち越し… ...
日刊スポーツ

【安藤梢】なでしこは運動能力の低さ露呈 リーグ全体で世界意識が重要

サッカー女子日本(FIFAランク10位)は同スウェーデン代表(同5位)に1-3で屈し、敗退した。 立ち上がりから相手に攻勢めたてられ、前半7分に相手CKの流れから失点。同23分に田中のゴールでいったんは追いついたが、後半8分には勝ち越し… ...
日刊スポーツ

相沢晃17位、伊藤達彦22位 目標のメダル獲得ならず 男子1万m決勝

陸上最初の決勝種目となった男子1万メートルに臨んだ相沢晃(24=旭化成)と伊藤達彦(23=ホンダ)は、ともに目標のメダル獲得はならなかった。 相沢は28分18秒37で17位、伊藤は29分1秒31で22位。残り10周、4000メートル以上… ...
日刊スポーツ

【池田信太郎】混合銅・渡辺勇大の他にいない高等技術 東野有紗前衛で緩急

東野有紗が前衛に入って、緩急を使いながらゲームの組み立てができたことが大きい。香港ペアは、準決勝の中国ペアよりもスピードがなかった。混合では女子が狙われることが多いが、しっかり守備もできていた。渡辺勇大はスマッシュとドロップの使い分けが… ...
日刊スポーツ

ヤクルト石川雅規「手応えつかめるボールあった」2回1安打1失点

ヤクルト先発の石川雅規投手が、手応えをつかんだ。4日以来のマウンド。公式戦へ向けて「いろいろとやりたいことや試したいことがあった」。バッテリーを組んだ古賀とベンチでコミュニケーションを取りながら、試す投球となった。真砂に右翼へソロを放た… ...
日刊スポーツ

侍ジャパン稲葉監督がメキシコ警戒「長打も打てるし雰囲気ある」

侍ジャパン稲葉篤紀監督(48)がメキシコを要警戒した。 練習前にテレビで試合を確認。「1番の選手はすごく足が速くて出塁されてしまうと、かき回されてしまう。あと3番のメネセスはやっぱり良い。長打も打てるし、警戒する打者の1人ではある。4番… ...
日刊スポーツ

ジョコビッチ男子史上初のゴールデンスラム逃す 逆転負けで五輪金ならず

世界王者ノバク・ジョコビッチ(34=セルビア)が、男子史上初のゴールデンスラムを逃した。同5位のズベレフ(ドイツ)に6-1、3-6、1-6の逆転で敗れ、悲願の五輪金メダルはならなかった。 ジョコビッチは、今年の全豪、全仏、ウィンブルドン… ...
日刊スポーツ

女子400Mメドレーリレー決勝進出 池江は第3泳者バタフライで出場

日本(小西杏奈-渡部香生子-池江璃花子-五十嵐千尋)は、予選1組2レーンに登場した。3分57秒17で同組3着、全体の6位で、1日に行われる決勝に進出した。 池江は今大会3種目目の出場となった。400メートルリレー、混合400メートルメド… ...
日刊スポーツ

祇園北創部39年目で初決勝、エース山本5回から5回0封の好投/広島

広島大会準決勝で、祇園北が呉を接戦の末に下し、創部39年目で史上初の決勝進出を決めた。5回から登板した祇園北のエース山本優貴投手(3年)が5回2安打無失点と好リリーフをみせ、勝利を呼び込んだ。 エースの粘投が創部初の快進撃を呼び込んだ。… ...
日刊スポーツ

広島新庄最大5点差追いつきサヨナラで決勝へ、延長12回藤川決めた/広島

広島新庄が、西条農との激戦を劇的サヨナラで制し、決勝に駒を進めた。最大5点差を追いつき、7-7で迎えた延長12回。2死一、二塁で藤川蓮外野手(3年)が右越え二塁打を放ち、決着をつけた。2安打2打点と奮起した藤川は「なんとか外野を越えてく… ...
日刊スポーツ

フェンシング金に太田雄貴氏「涙で前が見えません」妻笹川友里さんと歓喜

東京オリンピック(五輪)で30日、フェンシングの男子エペ団体で、日本が史上初の金メダルを獲得した。 08年北京五輪のフルーレ個人、12年ロンドン五輪フルーレ団体でいずれも銀メダルを獲得した太田雄貴氏(35)はツイッターで「やったーーー」… ...
日刊スポーツ

敗退なでしこ高倉麻子監督退任の可能性 8月下旬女子委員会で検討

高倉麻子監督(53)が、今大会限りで5年間務めたなでしこ監督から退く可能性が出てきた。なでしこの監督人事は、8月下旬に予定されている女子委員会で検討される。現在、技術委員会メンバーやスカウティング・グループが、男女の全試合を分析中で、大… ...
日刊スポーツ

陸上3000m障害三浦龍司が全体2位で決勝へ「ゾーンに入れる」日本新

72年ミュンヘン五輪以来、49年ぶりの決勝の扉をこじ開けた。陸上男子3000メートル障害の三浦龍司(19=順大)が自身の日本新を6秒塗り替える8分9秒92で予選1組2着で通過。日本勢男子のトラック種目初メダルの期待さえ抱かせる全体2番目… ...
タイトルとURLをコピーしました