スポンサーリンク

阪神近本「1本の重み違う」終戦危機救う適時三塁打

窮地を救った。阪神近本光司外野手が勢いよく三塁ベースに滑り込む。黄色のメガホンが一斉に揺れると、新人リードオフマンは右拳を突き上げた。 「一気に逆転したい場面だった。冷静な部分もあったけど気持ちが出ました」 1点差に詰め寄った5回、なお…
Source: 日刊スポーツ(野球)
阪神近本「1本の重み違う」終戦危機救う適時三塁打

タイトルとURLをコピーしました