スポンサーリンク

県岐阜商の伝統に新風、新ユニホームで歴史つくる

県岐阜商・鍛治舎巧監督は1924年の創部から続いていた白と濃紺のユニホームを就任後から段階的に変容。今春にはアンダーシャツを明るい青色に、ストッキングを山吹色に一新。はっきりとしたコントラストには体を大きく見せる意図もあるが、その変わり…
Source: 日刊スポーツ(野球)
県岐阜商の伝統に新風、新ユニホームで歴史つくる

タイトルとURLをコピーしました