スポンサーリンク

友野一希SP6位出遅れ「スピードが足りなかった」

18年世界選手権5位の友野一希(21=同大)が課題のSPでの出遅れを反省した。65・14点の6位発進。冒頭の4回転トーループの着氷が乱れて回転不足判定となり、続く4回転サルコーは2回転。75・05点で首位の山本草太(中京大)とは9・91…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
友野一希SP6位出遅れ「スピードが足りなかった」

タイトルとURLをコピーしました