スポンサーリンク

軽度認知障害の患者、生活習慣の変化で認知機能改善か 米研究

アルツハイマー病のリスクがあると診断された人が医師のアドバイスに従って生活習慣を変えた結果、認知機能の低下が止まっただけでなく、1年半の間に記憶力や思考力が向上したという研究結果が、30日の米アルツハイマー病協会の学会誌に発表された。

論文を発表した研究者は、「個人に合わせた臨床管理が認知機能を改善させ、アルツハイマー病のリスクや心血管系疾患のリスクを低下させる可能性があることが、実際の臨床の…

Source: CNN
軽度認知障害の患者、生活習慣の変化で認知機能改善か 米研究

タイトルとURLをコピーしました