スポンサーリンク

明桜23安打浴び敗戦、18年ぶりセンバツ絶望的に

明桜は最速140キロを超す3投手の継投も計23安打を浴び、18年ぶりのセンバツ出場は絶望的となった。それでも要所で粘り強さを発揮。6回以降は互角の戦いを展開した。 2番福井章記主将(2年)は「(今夏の)甲子園に出ているチームのメンタルは…
Source: 日刊スポーツ(野球)
明桜23安打浴び敗戦、18年ぶりセンバツ絶望的に

タイトルとURLをコピーしました