スポンサーリンク

上武大が準決勝敗退「相手が全て上だった」監督

奇跡まで、あと1歩だった。上武大(関甲新学生2位)が東海大(首都大学1位)に敗れ、今季の公式戦を終えた。 1-6の9回2死、ここから粘った。代打の中山竜我内野手(4年=近大泉州)が右中間三塁で出塁。さらに代打の前田禎史外野手(4年=宮崎…
Source: 日刊スポーツ(野球)
上武大が準決勝敗退「相手が全て上だった」監督

タイトルとURLをコピーしました