スポンサーリンク

飲酒運転疑われた男性、「腸発酵症候群」だった 体内でアルコール醸造

米ノースカロライナ州で飲酒運転の疑いがあるとして警察に車を停められた男性が、体内でアルコールが醸造される「ビール自動醸造症候群(ABS、別名「腸発酵症候群」)と診断された。

男性は一貫して飲酒を否定し続けていたが、当初、警察はその言葉を信じなかった。

男性は当時40代後半で、呼気検査を拒んだために病院へ連れて行かれ、検査の結果、血中から0.2%のアルコールが検出された。これは許容量の約2.5倍…

Source: CNN
飲酒運転疑われた男性、「腸発酵症候群」だった 体内でアルコール醸造

タイトルとURLをコピーしました