スポンサーリンク

明大・森下悔し被弾、チームも5点守れず引き分け

明大は広島からドラフト1位指名の森下暢仁投手(4年=大分商)が先発。初回、明大打線は立大の先発田中誠也投手(4年=大阪桐蔭)に対し1死満塁の先制機をつかむと、喜多真吾内野手(4年=広陵)が右翼へ第2週の早大戦に続く2本目の満塁本塁打を放…
Source: 日刊スポーツ(野球)
明大・森下悔し被弾、チームも5点守れず引き分け

タイトルとURLをコピーしました