スポンサーリンク

履正社逆転勝ち8強 突如乱れた岩崎が自らV満塁弾

夏の全国王者、履正社(大阪2位)は綾羽(滋賀3位)に逆転勝ちで準々決勝に進出した。 2回、1死満塁から1番池田凜内野手(2年)の右前適時打などで3点を先制。だが、4回無死一塁から連続三振を奪ったところで先発岩崎峻典投手(2年)が突如乱れ…
Source: 日刊スポーツ(野球)
履正社逆転勝ち8強 突如乱れた岩崎が自らV満塁弾

タイトルとURLをコピーしました