スポンサーリンク

東京国際大が1位で本選へ 伊藤達彦が日本人1位

東京国際大が10時間47分29秒で予選会1位となり、3年連続4回目の本戦出場を決めた。 7月のユニバーシアードのハーフマラソンで3位となった伊藤達彦(東京国際大4年)が、1時間2分34秒で日本人1位(全体5位)となり、チームを引っ張った…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
東京国際大が1位で本選へ 伊藤達彦が日本人1位

タイトルとURLをコピーしました