スポンサーリンク

阪神馬場、トルネード投法で制球力など課題取り組む

阪神の馬場皐輔投手はトルネード投法などで主に3つの課題に取り組んでいる。 フェニックス・リーグでは「後ろにためた力がない」ことを修正するため、ブルペンで体を大きくひねって投げ込む日もあり、他には「クイックの体重移動やインコースへの制球力…
Source: 日刊スポーツ(野球)
阪神馬場、トルネード投法で制球力など課題取り組む

タイトルとURLをコピーしました