スポンサーリンク

阪神6位小川がどん底で見た光、夢を与える番が来た

阪神ドラフト6位の東海大九州・小川一平投手(22)が、野球ができる喜びをかみしめた。入学直後の16年4月、熊本地震で被災。住み始めたばかりの寮を出ると、目の前のアパートが崩落していた。「あの光景は…。この世の終わりに感じました。絶対に忘…
Source: 日刊スポーツ(野球)
阪神6位小川がどん底で見た光、夢を与える番が来た

タイトルとURLをコピーしました