スポンサーリンク

福岡第一は打線沈黙「川瀬くんはいい投手」主将樗木

福岡第一は、大分商・川瀬堅斗投手(2年)の前に打線が沈黙して敗れた。7回までわずか3安打で、主将の樗木(ちしゃき)翔馬内野手(2年)は「川瀬くんは予想通りのいい投手でした。チャンスもつくれなかった」と下を向いた。 先発の石橋辰宣投手(2…
Source: 日刊スポーツ(野球)
福岡第一は打線沈黙「川瀬くんはいい投手」主将樗木

タイトルとURLをコピーしました