スポンサーリンク

元稀勢の里結い続けた床鳴、口数少ない2人に見た絆

日刊スポーツ

元横綱稀勢の里の荒磯親方(33=田子ノ浦)が、9月29日に東京・両国国技館で断髪式を行った。東幕下筆頭だった17歳の04年3月春場所4日目、初の十両土俵に際し、初めて結った大銀杏(おおいちょう)。その時も、約15年半後の断髪式も、結った…
Source: 日刊スポーツ(格闘技)
元稀勢の里結い続けた床鳴、口数少ない2人に見た絆

タイトルとURLをコピーしました