スポンサーリンク

突き放してもひたむき、恐ろしい西武打線/和田一浩

序盤からソフトバンク打線が一方的に得点を加え、4回表が終わった時点で7-0。普通ならワンサイドーゲーム。正直、私自身も「こんな試合になって、西武の野手はかわいそうだなぁ」と思ってしまった。しかし、2年連続でチーム防御率が最下位で、2年連…
Source: 日刊スポーツ(野球)
突き放してもひたむき、恐ろしい西武打線/和田一浩

タイトルとURLをコピーしました