スポンサーリンク

巨人メルセデス好投報われず「悔しい」足に張り降板

日刊スポーツ

巨人先発クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手が6回1安打無失点という力投も報われなかった。 6回1死一塁、打者今宮の場面で足に張りを覚えた影響もあり76球で降板した。今季の「スピードアップ賞」をともに受賞した相手先発の高橋礼とテ…
Source: 日刊スポーツ(野球)
巨人メルセデス好投報われず「悔しい」足に張り降板

タイトルとURLをコピーしました