スポンサーリンク

日本ハム田宮が待望のプロ1号「自分でもびっくり」

高卒1年目の日本ハム田宮裕涼捕手に、待望の“プロ1号”が飛び出した。 フェニックス・リーグのオリックス戦で、2-4の2回に左翼ポール際へソロ本塁打。「いつもならスライスして切れてしまうんですけど、途中で『もしかしたら入るかも』と。自分で…
Source: 日刊スポーツ(野球)
日本ハム田宮が待望のプロ1号「自分でもびっくり」

タイトルとURLをコピーしました