スポンサーリンク

明大・森下が指名後初登板「まだ甘い」11Kも敗戦

明大エース森下暢仁投手(4年=大分商)の好投も勝利にはつながらなかった。 9回2死一、二塁から二塁打を浴びた。最速153キロをマークし11奪三振。自己最多となる159球目を捉えられた。 森下は「ふがいないピッチングで」と口を開いた。15…
Source: 日刊スポーツ(野球)
明大・森下が指名後初登板「まだ甘い」11Kも敗戦

タイトルとURLをコピーしました