スポンサーリンク

日本ハム宮台6回1失点 ピンチで勝負強さ発揮

日本ハムは19日、みやざきフェニックス・リーグで阪神と対戦し、2-2で引き分けた。 先発した東大出身の宮台康平投手が、6回を散発4安打で、失点を併殺の間の1点にしのいだ。ボール球が先行も「低めへ投げたのがいい方向へ行った」とピンチで3併…
Source: 日刊スポーツ(野球)
日本ハム宮台6回1失点 ピンチで勝負強さ発揮

タイトルとURLをコピーしました