スポンサーリンク

「冥土の土産に」厳しいながらも愛情注いできたオリックス宮内オーナー悲願

日刊スポーツ

一塁側ベンチから力強い足取りで、宮内義彦オーナー(86)がマウンドで待つナインのもとに歩み寄った。中嶋監督をねぎらい、ナインと言葉をかわし、胴上げで宙を待った。「25年前もあの笑顔を見たな。変わらない笑顔を見られたなと思いました」と中嶋…
Source: 日刊スポーツ(野球)
「冥土の土産に」厳しいながらも愛情注いできたオリックス宮内オーナー悲願

タイトルとURLをコピーしました