スポンサーリンク

オリックス2点先制、紅林弘太郎左翼フェンスぎりぎり飛球を西武山野辺落球

日刊スポーツ

25年ぶりリーグVを狙うオリックスが先制した。 4回2死二、三塁、紅林弘太郎内野手(19)の左翼フェンスぎりぎりの飛球を西武山野辺翔内野手(27)が落とし、その間に2者が生還した。 5回には宗佑磨内野手(25)が9号ソロを放った。
Source: 日刊スポーツ(野球)
オリックス2点先制、紅林弘太郎左翼フェンスぎりぎり飛球を西武山野辺落球

タイトルとURLをコピーしました