スポンサーリンク

阪神痛恨ドローで22日にもV逸「どんな形でもいい勝ちたかった」矢野監督

日刊スポーツ

阪神が痛恨のドローで22日にもV逸の危機に立たされた。前夜は11得点の猛攻で圧勝したが、5回無死一、二塁の好機で無得点に終わるなど拙攻でホームが遠かった。首位ヤクルトとのシーズン最後の直接対決を勝利で飾れず、逆転Vは厳しい状況になった。…
Source: 日刊スポーツ(野球)
阪神痛恨ドローで22日にもV逸「どんな形でもいい勝ちたかった」矢野監督

タイトルとURLをコピーしました