スポンサーリンク

本塁打の判定がファウルに覆る 中大・森下の打球に青学大側がアピール

日刊スポーツ

本塁打の判定がファウルに変わった。 0-0の7回2死一、二塁、中大・森下翔太外野手(3年=東海大相模)の打球は右翼ポール際を通り、スタンドに入った。一塁の田熊塁審は本塁打の判定。だが、青学大側がファウルのジェスチャー。審判団が集まり協議…
Source: 日刊スポーツ(野球)
本塁打の判定がファウルに覆る 中大・森下の打球に青学大側がアピール

タイトルとURLをコピーしました