スポンサーリンク

報徳学園、名門対決に惜敗「投手と粘り強い守備に完全に封じられた」

日刊スポーツ

報徳学園は名門校対決で惜敗した。先発正重恒太投手(2年)が序盤から好投し、相手先発の森健人投手(2年)との投手戦になった。だが延長10回、先頭に四球を与えたところで降板。決勝適時打を浴びる引き金になってしまった。 大角健二監督(41)は…
Source: 日刊スポーツ(野球)
報徳学園、名門対決に惜敗「投手と粘り強い守備に完全に封じられた」

タイトルとURLをコピーしました