スポンサーリンク

阪神の「プロ・アマ規定」違反、どこで間違いが生じたのか/寺尾で候

日刊スポーツ

阪神はドラフト新人補強の当たり年になった。開幕ダッシュを佐藤輝がけん引し、社会人出身の伊藤将がリリーフでなく先発として、中野が懸案のショートで戦力になった。 青柳、秋山ら下位指名の選手が主力で働くチーム作りは好感度も高い。そのスカウティ…
Source: 日刊スポーツ(野球)
阪神の「プロ・アマ規定」違反、どこで間違いが生じたのか/寺尾で候

タイトルとURLをコピーしました