スポンサーリンク

広島佐々岡監督が佐々木、奥川より森下1位決断の訳

広島は16日、都内でスカウト会議を開き、17日の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で明大・森下暢仁(まさと)投手(4年=大分商)を1位指名することを決めた。即戦力ぶりにほれ込んだ佐々岡真司監督(52)の思い…
Source: 日刊スポーツ(野球)
広島佐々岡監督が佐々木、奥川より森下1位決断の訳

タイトルとURLをコピーしました