スポンサーリンク

侍・山田哲人で金メダル王手!「狙った球が来た」修羅場で値千金の初球打ち

日刊スポーツ

侍ジャパンが、悲願の金メダルに王手をかけた。宿敵韓国を5-2で下し、銀メダルを獲得した96年アトランタ大会以来、25年ぶりの決勝進出を決めた。同点の8回2死満塁、山田哲人内野手(29)が左中間フェンス直撃の3点適時二塁打を放ち試合を決め…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
侍・山田哲人で金メダル王手!「狙った球が来た」修羅場で値千金の初球打ち

タイトルとURLをコピーしました