スポンサーリンク

南野の球離れの速さでチームの攻撃活性化/解析料理

南野の球離れの速さがチームの攻撃をスムーズにした。日本は15日のタジキスタンでボール保持率60・2%の高い数字を記録したが、サッカー分析会社「データスタジアム」の統計によれば、2ゴールを挙げるなど圧倒的な存在感を示した南野のボール保持時…
Source: 日刊スポーツ(サッカー)
南野の球離れの速さでチームの攻撃活性化/解析料理

タイトルとURLをコピーしました