スポンサーリンク

火星の生命の痕跡、1970代に見つかっていた? NASAの元研究員

米航空宇宙局(NASA)は火星の地表で40年以上前に行った実験で、生命の痕跡をとらえていた可能性がある――。当時の実験にかかわったNASAの元研究員が、雑誌でそんな主張を展開し、この実験を繰り返すことを求めている。

NASAは1976年、火星に送り込んだ無人探査機「バイキング」を使ってLRと呼ばれる実験を行った。この実験で主席研究員を務めた科学者がギルバート・レビン氏。同氏は10日の米科学誌サイ…

Source: CNN
火星の生命の痕跡、1970代に見つかっていた? NASAの元研究員

タイトルとURLをコピーしました