スポンサーリンク

立大が今季初勝ち点、監督「初回から集中していた」

立大が2連勝して、今季初の勝ち点を挙げた。 1回に宮慎太朗遊撃手(3年=市船橋)が先頭打者本塁打を放つなど、いきなり4点を先制。先発の手塚周投手(4年=福島)はこのリードを背に、6回を2安打無失点、自身2年ぶりの勝利(通算7勝目)をつか…
Source: 日刊スポーツ(野球)
立大が今季初勝ち点、監督「初回から集中していた」

タイトルとURLをコピーしました