スポンサーリンク

日本ハム細川ほろ苦本拠初戦「実力のなさ知れた」

日本ハムのドラフト4位細川凌平内野手(18=智弁和歌山)の本拠地デビュー戦はほろ苦いものとなった。 途中出場して迎えた6回の打席では畠の直球に空振り三振。8回の打席では捕邪飛に打ち取られた。「自分の実力のなさを知れた」と悔しがりながらも…
Source: 日刊スポーツ(野球)
日本ハム細川ほろ苦本拠初戦「実力のなさ知れた」

タイトルとURLをコピーしました