スポンサーリンク

ソフトバンク二保が保留、査定の基準「聞きたい」

ソフトバンクの二保旭投手が査定の基準を理由に保留した。今季は先発投手陣のローテーションの谷間などで、8試合登板すべてで先発しながら3、4回程度を投げる役割の登板だった。 「オープナーとしての評価が先発なのか、中継ぎなのかということなど、…
Source: 日刊スポーツ(野球)
ソフトバンク二保が保留、査定の基準「聞きたい」

タイトルとURLをコピーしました