スポンサーリンク

複合男子団体4位、首位30秒差スタート逆転ならず

複合男子団体の日本は4位だった。 永井秀昭(岐阜日野自動車)渡部善斗(北野建設)渡部暁斗(北野建設)山本涼太(長野日野自動車)の4人で臨んだ。 前半の飛躍(ヒルサイズ=HS106メートル)は3位。 後半の距離(20キロ)を、首位オースト…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
複合男子団体4位、首位30秒差スタート逆転ならず

タイトルとURLをコピーしました