スポンサーリンク

柔道界に激震 パワハラ認定できず“疑惑”を強調

全日本柔道連盟(全柔連)の前事務局長による複数の職員へのパワーハラスメント疑惑を受け、山下泰裕会長(63)が26日、東京・講道館で記者会見を開いた。前事務局長が今年1月に音信不通のまま自己都合で退職。聞き取り調査を行えなかったことを理由…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
柔道界に激震 パワハラ認定できず“疑惑”を強調

タイトルとURLをコピーしました