スポンサーリンク

天国の2人の師匠のため堀口は常に限界に挑み続ける

日本を代表する総合格闘家堀口恭司(28)が11月14日、けがとそれに伴う大みそかRIZIN20の欠場を発表した。けがの内容は右膝前十字靱帯(じんたい)断裂と半月板損傷。既に手術を受け、全治には10カ月を要するという。8月のRIZIN18…
Source: 日刊スポーツ(格闘技)
天国の2人の師匠のため堀口は常に限界に挑み続ける

タイトルとURLをコピーしました