スポンサーリンク

金狙うなら世界と違う国内基準見直すべき/米田功氏

体操の世界選手権は13日、ドイツのシュツットガルトで閉幕し、日本は男子の銅メダル2つに終わった。 男子は内村航平(リンガーハット)、女子は村上茉愛(日体ク)らこれまでの中心選手を欠いた中、昨年に続いて金メダルなしとなった。大会を、アテネ…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
金狙うなら世界と違う国内基準見直すべき/米田功氏

タイトルとURLをコピーしました