スポンサーリンク

大久保C大阪移籍の背景と背番20西沢明訓との絆

まだ駆け出しの記者だった頃。2004年、秋も深まりつつあった。セレッソ大阪の練習場が、現在の大阪の人工島の舞洲ではなく、西成区南津守にあった時のエピソードである。前日にJ1リーグ戦があり、その日は午前中に軽めの練習だけだった。選手は1人…
Source: 日刊スポーツ(サッカー)
大久保C大阪移籍の背景と背番20西沢明訓との絆

タイトルとURLをコピーしました