スポンサーリンク

経験の差が招いた大山の狙い球選択ミス/谷繁元信

1点に対する執念は巨人、阪神ともにある。だが1点を奪うために選んだ方法で、結果を出すことに関しては差があった。 6回の攻防が象徴的だ。阪神は先頭の好調北條が四球で出塁し、代走に植田を送り、矢野監督も勝負をかけた。だが無死一、二塁で4番マ…
Source: 日刊スポーツ(野球)
経験の差が招いた大山の狙い球選択ミス/谷繁元信

タイトルとURLをコピーしました