スポンサーリンク

闘将墓前で常識行動 矢野監督の楽しめた1年に幕

長期ロードの8月。名古屋から東京と続く遠征の間だった。中日戦のある14日の午前中、指揮官・矢野燿大はひっそりとある場所を目指していた。目的地は闘将・星野仙一の墓がある名古屋市内の霊園だ。 当初は15日の移動日に墓参を予定していた。だが天…
Source: 日刊スポーツ(野球)
闘将墓前で常識行動 矢野監督の楽しめた1年に幕

タイトルとURLをコピーしました