スポンサーリンク

萱和磨が完璧演技で銅、個人表彰台の伝統つなぎ涙

【シュツットガルト=阿部健吾】種目別決勝後半が行われ、男子の平行棒で萱和磨(22=セントラルスポーツ)が14・966点で銅メダルを獲得した。 15年大会のあん馬の銅に続く表彰台で、日本男子の個人メダルなしの危機を救った。鉄棒は橋本大輝(…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
萱和磨が完璧演技で銅、個人表彰台の伝統つなぎ涙

タイトルとURLをコピーしました