スポンサーリンク

三浦佳生、初のシニアGPデビューで美しいジャンプ

全日本ジュニア選手権2位の三浦佳生(15=KOSE新横浜プリンスFSC)が143・69点、合計210・53点をマークした。 冒頭、予定していた4回転トーループ-3回転トーループが2回転トーループの単発になったが、続く4回転サルコーは成功…
Source: 日刊スポーツ(スポーツ全般)
三浦佳生、初のシニアGPデビューで美しいジャンプ

タイトルとURLをコピーしました