スポンサーリンク

近大が3季ぶりV「4年生が粘り引っ張ってくれた」

立命大が同大に敗れリーグ戦3敗目を喫したため、8勝2敗で全日程を終えていた近大が優勝した。18年秋以来、3季ぶり47回目。 この日は練習はオフで、田中秀昌監督(63)が立命大戦をスタンドから見ていた。「待っての優勝は初めて。ホッとしてい…
Source: 日刊スポーツ(野球)
近大が3季ぶりV「4年生が粘り引っ張ってくれた」

タイトルとURLをコピーしました