スポンサーリンク

奈良公園の鹿救え、「食べられる」紙袋開発 ビニール袋の代替に

日本の観光名所、奈良に拠点を置く1人の起業家が、従来のビニール製のものに代わる手提げ用の袋を開発した。奈良公園に生息する鹿を救うための取り組みだ。

土産物の卸売業を手掛ける「ならイズム」の松川英朗氏はCNNの取材に答え、昨年、奈良公園の鹿がビニール袋を食べて相次ぎ死んでいるという話を聞いたと話す。奈良のシンボルであるシカを守るため、何かしたかったという。

奈良公園には天然記念物に指定された鹿が…

Source: CNN
奈良公園の鹿救え、「食べられる」紙袋開発 ビニール袋の代替に

タイトルとURLをコピーしました