スポンサーリンク

余命数週間の父親、息子のアメフトを最後に観戦 看護師が航空機手配

米ケンタッキー州でこのほど、末期がんで余命数週間と宣告された男性に息子の高校アメフトシーズン初戦を観戦してもらうため、担当の看護師が航空機を手配する出来事があった。

同州サマセットに住むスコット・サリバンさんは8月上旬、検査で異常が確認されたことを受けて入院し、まれながんと診断された。正式な病名は髄膜癌腫(がんしゅ)症で、脳とせき髄を囲む膜が冒されるがんの合併症を指す。

50歳のサリバンさんは…

Source: CNN
余命数週間の父親、息子のアメフトを最後に観戦 看護師が航空機手配

タイトルとURLをコピーしました