スポンサーリンク

渋野が連続バーディー 難しいラインをチップイン

雷雲接近による中断明けの4番で、慎重にパーパットを決めた渋野日向子(21=サントリー)が5番パー5でバーディーを奪った。 482ヤードを2オンに成功。ピン手前から11メートルのイーグルパットは、わずかに届かなかったが、約50センチのバー…
Source: 日刊スポーツ(ゴルフ)
渋野が連続バーディー 難しいラインをチップイン

タイトルとURLをコピーしました