スポンサーリンク

笹生優花と小祝のマッチレースの展開 最終組ハーフ

最終組がハーフを終え、ルーキーの笹生優花(19=ICTSI)が、4バーディー、1ダブルボギーとスコアを2つ伸ばし、通算14アンダーで単独首位で折り返した。2番パー4でダブルボギーたたき、1打差の2位で出て2ホール連続パーセーブの小祝さく…
Source: 日刊スポーツ(ゴルフ)
笹生優花と小祝のマッチレースの展開 最終組ハーフ

タイトルとURLをコピーしました