スポンサーリンク

拓大紅陵エース竹内、故障に泣き悔いある登板/千葉

日刊スポーツ

昨秋準優勝の立役者、拓大紅陵のエース竹内将悟投手(3年)がケガに泣いた。 大会2週間前に腰痛を発症。先発を回避したが、1-7で迎えた7回、チームの劣勢に「投げさせてください」と和田孝志監督(49)に直訴した。元プロ野球ロッテの投手だった…
Source: 日刊スポーツ(野球)
拓大紅陵エース竹内、故障に泣き悔いある登板/千葉

タイトルとURLをコピーしました